2008年06月06日

6/18寺子屋パオ フォトエッセイ「いとしの能登 よみえれ!」出版記念「暮らしから考える 地域に生きるということ」のお知らせ  

フォトエッセイ「いとしの能登 よみがえれ!」出版記念
       「暮らしから考える 地域に生きるということ」のお知らせ  

昨年の能登半島地震発生から一年が経った先日3月25日にフォトエッセイ
「いとしの能登 よみがえれ!」が発行されました。
能登の地にすっかり魅了された村井雅清が一年の間能登に通い、そこで出
会った人々やその暮らし、伝統や歴史が生きづいたこの土地の奥深さにつ
いて写真とともに書き綴ったものです。

今回の寺子屋パオでは海外災害支援の経験を豊富にお持ちの浅野壽夫
教授に地域の力を引き出し、生かすためにその地域での人々の暮らしが
どのような意味を持ってくるのか。幅広い視野からお話いただきます。
お誘い合わせの上奮ってご参加ください。


日時:2008年6月18日(水) 18:30〜21:00    
場所:被災地NGO恊働センター会議室
内容:基調講演 「暮らしと地域力」浅野 壽夫氏
   (神戸学院大学防災・社会貢献ユニット教授)
 ※浅野先生はプロフィールにあるようにJICAの職員として
     2004年のスマトラ沖地震、2005年のパキスタン地震に
     おいて緊急援助隊の派遣を行われました。
講演後 執筆者村井によるフォトエッセイ制作中のよもやま話を聞きながら
の食事会
参加費:2500円(食事付き、飲み放題)

浅野 壽夫教授の主な職歴
      1977 国際協力事業団(JICA)入団
      1982−1985 JICAボリビア国ラパス出張所勤務
      1993−1995 国際協力事業団 タイ事務所次長
      1995−1997 北海道札幌センター 研修第一課長
      2000−2001 国内事業部管理課長
      2001−2004 国際協力機構 兵庫国際センター所長
       2004−2006 国際協力機構 国際緊急援助隊事務局長
      2006    国際協力機構退職
      2006−   神戸学院学際教育機構教授

●参加申込方法
氏名、連絡先(住所、電話/FAX、Emailなど)をご記入の上、下記までお申
し込みください。会場の都合で15名までとさせていただきます。
posted by ngokobe at 13:40 | TrackBack(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99600479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。