2010年02月12日

市民セミナー「寺子屋」のご案内

皆さん、こんにちわ。

今回は、市民セミナー「寺子屋」のご案内です。
市民セミナー「寺子屋」は、講師をお招きし夕食を食べながら、様々なテーマについて考えるセミナーです。

今回のテーマは、「ボランティア」です。
阪神・淡路大震災から15年が経ち、様々なボランティアが生まれました。そのボランティアは、今日では多様な形で若者世代へと引き継がれようとしています。今回の寺子屋では、主に災害ボランティアに携わってきた方を中心にお話を聞き、若者と一緒にボランティアについて考えます。

みなさん、是非参加して下さい。
要予約なので、必ず申込みしてくださいね。
口頭で言ったという人もメールなどくださると助かります。
よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第一回
『阪神・淡路から中越へ』 〜災害ボランティアを通して見えるもの〜

【講師】
鈴木隆太さん(元中越復興市民会議スタッフ)

【日時】
2月25日(木) 18:30〜21:30

【参加費】
2500円 (学生2000円) *飲食代含む

【内容】
阪神・淡路大震災後、KOBEで復興支援に関わった若者が、2004年10月に起こった中越地震の被災地に移り住み、復興支援に尽力した。今回は、災害ボランティアとして活動していく上での原動力、復興支援を続けていく重要性など、災害ボランティアを通して「ボランティア」として活動することの意味を探ってもらい、これからボランティアとして活動していく若者達にメッセージとして語って頂きます。

【会場】
被災地NGO恊働センター
神戸市兵庫区中道通2-1-10(新開地駅西1番出口より徒歩5分)

【定員】
15名(要予約)

【申込み・お問い合わせ】
被災地NGO恊働センター
mail:ngo@pure.ne.jp
пF078-574-0701  Fax:078-574-070

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第二回 
『どの子も地域で生きていく』 〜「迷惑をかけること」を恐れずに〜
【講師】宇田川規夫さん
【日時】3月1日18:30〜
【内容】「らんがく舎」で行っている、「障がい」や「不登校」などと張られたレッテルを取り払い、自立を目指しての活動から学びます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第三回 
『とちぎから中越・宮城へ』 〜災害ボランティアと復興支援〜
【講師】矢野正広さん
【日時】3月22日17:00〜
【内容】とちぎ災害ボランティアネットワークでの災害ボランティア活動・復興支援活動についてお話を聞き、その積極性と持続性から学びます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

電話・FAX・メールに、氏名・住所・所属・電話番号・メールアドレスを明記してお申し込みください。
posted by ngokobe at 13:50 | TrackBack(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140920481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。