2010年02月25日

市民セミナー寺子屋のお知らせ

皆さん、こんにちわ。

今日は、市民セミナー「寺子屋」のご案内です。
市民セミナー「寺子屋」は、講師をお招きし夕食を食べながら、様々なテーマについて考えるセミナーです。

今回のテーマは、「ボランティア」です。
阪神・淡路大震災から15年が経ち、様々なボランティアが生まれました。そのボランティアは、今日では多様な形で若者世代へと引き継がれようとしています。
今回の寺子屋では、主に災害ボランティアに携わってきた方を中心にお話を聞き、若者と一緒にボランティアについて考えます。

みなさん、是非参加して下さい。
要予約なので、必ず申込みしてくださいね。
口頭で言ったという人もメールなどくださると助かります。
よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第二回
『どの子も地域で生きていく』 〜「迷惑をかけること」を恐れずに〜

【講 師】
宇田川規夫さん(らんがく舎スタッフ)

【日 時】
3月1日(木) 18:30〜21:30

【参加費】
2500円 (学生2000円) *飲食代含む

【会 場】
被災地NGO恊働センター
神戸市兵庫区中道通2-1-10(新開地駅西1番出口より徒歩5分)

【定 員】
15名(要予約)

【内 容】
1977年大田区中央に創立された「らんがく舎」。「障害」「不登校」などと張られた様々なレッテルを取り払い、自立を目指しての活動。「迷惑をかける」事を恐れずに積極的に社会に出ていく。また、災害ボランティアの経験も踏まえて、ボランティアとして活動するときに大切にしていることなどについて話して頂きます。

*らんがく舎とは?
どの子も地域で生きていくことを求めて、1977年大田区中央に創立しました。「障害」「不登校」などと自分の気持ちやありようとは無関係に張られた様々なレッテルを取り払い、自立を目指しての活動をしています。「迷惑をかける」事を恐れずに積極的に社会に出ていきます。ただらんがく舎での活動に留まることなく、積極的に就職支援もしています。

【申込み・お問い合わせ】 被災地NGO恊働センター
 mail:ngo@pure.ne.jp
TEL:078-574-0701
             FAX:078-574-070
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第一回 『阪神・淡路から中越へ』 〜災害ボランティアを通して見えるもの〜
【講師】鈴木隆太さん
【日時】2月25日18:30〜
【内容】阪神・淡路大震災後、KOBEで復興支援ボランティアに関わった若者が、2004年10月に起こった中越地震の被災地に移り住
み、復興支援に尽力した。中山間地での災害と言われる中越地震と都市災害である阪神・淡路大震災との違いは?また、復興の思想の共通点も探る。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第三回 『とちぎから中越・宮城へ』 〜災害ボランティアと復興支援〜
【講師】矢野正広さん
【日時】3月22日17:00〜
【内容】とちぎ災害ボランティアネットワークでの災害ボランティア活動・復興支援活動についてお話を聞き、その積極性と持続性から学びます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

予約が必要なので、電話・FAX・メールのいずれかでお申し込みください。
posted by ngokobe at 13:01 | TrackBack(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

市民セミナー「寺子屋」のご案内

皆さん、こんにちわ。

今回は、市民セミナー「寺子屋」のご案内です。
市民セミナー「寺子屋」は、講師をお招きし夕食を食べながら、様々なテーマについて考えるセミナーです。

今回のテーマは、「ボランティア」です。
阪神・淡路大震災から15年が経ち、様々なボランティアが生まれました。そのボランティアは、今日では多様な形で若者世代へと引き継がれようとしています。今回の寺子屋では、主に災害ボランティアに携わってきた方を中心にお話を聞き、若者と一緒にボランティアについて考えます。

みなさん、是非参加して下さい。
要予約なので、必ず申込みしてくださいね。
口頭で言ったという人もメールなどくださると助かります。
よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第一回
『阪神・淡路から中越へ』 〜災害ボランティアを通して見えるもの〜

【講師】
鈴木隆太さん(元中越復興市民会議スタッフ)

【日時】
2月25日(木) 18:30〜21:30

【参加費】
2500円 (学生2000円) *飲食代含む

【内容】
阪神・淡路大震災後、KOBEで復興支援に関わった若者が、2004年10月に起こった中越地震の被災地に移り住み、復興支援に尽力した。今回は、災害ボランティアとして活動していく上での原動力、復興支援を続けていく重要性など、災害ボランティアを通して「ボランティア」として活動することの意味を探ってもらい、これからボランティアとして活動していく若者達にメッセージとして語って頂きます。

【会場】
被災地NGO恊働センター
神戸市兵庫区中道通2-1-10(新開地駅西1番出口より徒歩5分)

【定員】
15名(要予約)

【申込み・お問い合わせ】
被災地NGO恊働センター
mail:ngo@pure.ne.jp
пF078-574-0701  Fax:078-574-070

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第二回 
『どの子も地域で生きていく』 〜「迷惑をかけること」を恐れずに〜
【講師】宇田川規夫さん
【日時】3月1日18:30〜
【内容】「らんがく舎」で行っている、「障がい」や「不登校」などと張られたレッテルを取り払い、自立を目指しての活動から学びます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第三回 
『とちぎから中越・宮城へ』 〜災害ボランティアと復興支援〜
【講師】矢野正広さん
【日時】3月22日17:00〜
【内容】とちぎ災害ボランティアネットワークでの災害ボランティア活動・復興支援活動についてお話を聞き、その積極性と持続性から学びます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

電話・FAX・メールに、氏名・住所・所属・電話番号・メールアドレスを明記してお申し込みください。
posted by ngokobe at 13:50 | TrackBack(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。